出産内祝いの時期

出産内祝い(出産祝いのお返し)の時期、いつまでにするのがベストか?

そして、お返しを贈る時期までに、やっておいたほうがいい事は何なのか?

いろいろ疑問がわいてきますが、このページで分かりやすく出産内祝いの疑問を徹底ガイドするので、ぜひ最後までご覧ください。

 

早い遅いでマナー違反になる出産内祝い(お返し)の時期

まずは、マナー違反にならない、出産内祝い(出産祝いのお返し)の時期について説明します。

できることなら、ベストなタイミングでお返しを贈りたいですね。

出産内祝いのベストタイミングはいつ?

出産内祝いのベストなタイミングとして、生後1ヵ月を目安にします。

産後のママの体力も回復し、お宮参りを済ませた時期にお返しを贈るのが一般的です。

お宮参りは、住んでいる土地の神様に赤ちゃんの誕生を報告し、健やかな成長と長寿を祈る大切な儀式です。

お宮参り

神様への報告を無事済ませ、お世話になった方に感謝の気持ちとして内祝いを贈ります。

体調が良くないなどの事情がある場合は、2ヵ月を目途に準備をすすめましょう。

お返しの時期が早いとどうなの?

これはあまり知られていませんが、生後7日に行われる「お七夜しちや」という行事もあります。

お七夜では親戚などを招き、赤ちゃんと名前をお披露目する「命名式」もあわせて行います。

命名書

お七夜と命名式って?

この行事にあわせて、出産内祝いを贈る人もいますが、時期的にかなり早いように思います。

生後7日といえば、まだ入院しているママと赤ちゃんも多く、退院していても体力的にしんどい時期ですね。

お七夜を知らない家庭のほうが多く、やはりお宮参りが終わってから出産内祝いを贈るのが一般的です。

仕事が早いのは良いですが、「出産祝いをくれるのを、お返しを準備して待っていました」って、勘繰られてもイヤですからね。

お返しの時期が遅いとどうなの?

お返しの時期が2ヵ月を超えて遅くなりすぎると、気にしない人は気にしないし、気にする人はとことん気にします。

「お祝いをあげたのにお返しも無いなんて非常識だ!」って、声を高らかに近所でウワサする人も…

事情があって内祝いが遅くなってしまうなら、一言あれば、お互いにイヤな思いをせずに済むのかもしれませんね。

少々遅れても大丈夫だろうと甘く考えていては、人によってはマナー違反だと受け取られるってことです↓

「出産祝いをあげたのに」ってグチ

お盆や弔事は終わってから返すのがマナー

もし、お盆時期や親族が亡くなって忌中(四十九日)だった場合は、それら弔事が終わってから内祝いを贈るのがマナーです。

お盆のお供え(ナスときゅうり)

こういった特別なケースでは、電話や手紙などで早めにお礼の気持ちを伝え、弔事が終わったら内祝いを贈ることも言っておきます。

Sow Experience

いつまでに出産内祝いを準備するべきか

出産内祝いは「いつまでに準備するべきか」については、実際に贈りたい時期から逆算して考えてみます。

産後はいろいろと書類の届け、行事や育児に忙しくなるので、できれば産前から準備を始められたらいいのですが…

なかなか段取りよく進めることも難しいので、あせらず空いた時間で頑張りましょう!

お返しの品物を注文して準備できるまでの期間

ネット注文でも実店舗でも、出産内祝いの品物を注文してから、実際にあなたが受けとるまでには時間が掛かります。

ギフトショップに現品があれば、そのまま持って帰ることもできるでしょうが、実際には熨斗のしや命名札も準備しなくてはいけません。

出産内祝い のしと命名札

注文してから品物の準備ができるまで、だいたい1週間ほどの余裕をみておくといいのかと。

贈りたい時期の1~2週間前に準備をはじめる

いろいろ考えなければいけないことはありますが、結局のところ、「みんなから出産祝いを貰い終わったな」って感じてから準備を始めても大丈夫です。

産後1週間から3週間くらいが、出産祝いをもらうピークになります。

お返しを注文するのがあまりに早すぎたら、追加で頼むことになって二度手間だぁ、ってメンドイ思いをすることにも…

赤ちゃんの誕生を人づてに聞いたり、のんびりした性格だったり、遅れて出産祝いを持ってくる人は少なからずいます。

出産内祝いのお返し時期までにやるべき7つの項目

出産内祝いで、お返し時期が来るまでにやっておきたいことです。

まずは、いつでも読み返せるように、このページをブックマーク保存しましょう!笑

その1/出産内祝いの金額の相場を知る

出産内祝い(出産祝いのお返し)を贈るにしても、どのくらいの金額の品物を選んだらいいのか迷ってしまいますね。

そこで私が愛用しているマナー本から、出産内祝いの相場を紹介します↓

マナー本の表紙

この本によると出産祝いのお返しの相場は、もらった金額の半額ぐらいの品物です。

祖父母や親から数万円をもらったなど、高額のお祝いになると、3分の1くらいのお返しが相場になります。

貰える出産祝いの金額の相場も載せておきます↓

出産祝いの相場
兄弟姉妹 1万円
親戚 5,000円~1万円
友人・知人 5,000円

お返しの金額は、1件あたり2,500円~5,000円ってところが基準になるかと思います。

あまり高額な品物を贈ると、かえって相手に気を使わせることもあるので、やはり半返しが基本になるかと思います。

その2/どんなお返しギフトにするか考えてみる

お返しを贈りたい人のライフスタイルや家族構成など、わかる範囲で情報を書き出してみます。

どうせなら、お返しを受け取った人が喜んでくれる品物を贈りたいですからね。

ギフトショップを決めて実際に品物を選ぶまでに、どんなお返しにするか、ぼんやりでもいいので考えてみましょう。

出産内祝いでもらって嬉しい品物

相手のことを思い浮かべながら贈りたいモノを考えておくと、品物を選ぶときに決めやすくなります。

ただ職場の人など、その人と普段から特に親しく付き合いがなければ、金額に応じた一律の品物にしてもいいのかと思います。

その3/お祝いをくれた人のリストを作る

直接会って、出産内祝いを渡すのであれば住所は不要ですが、配送するのであれば届け先を書いたリストは作っておくべきです。

リストに書くこととしては、お祝いをくれた人の氏名、住所、お祝いの金額です。

お祝いリスト

ほかにも、お返しをいくらにするか金額を書いたり、手渡しにするか配送にするかなど贈り方も書いておくと、あとでとっても便利です。

住所や氏名などの情報は、お祝いの祝儀袋に書いてあるかと思います。

もし書いてなければ、年賀状を調べるか、親戚・友達に聞いてみましょう。

その4/お返しの熨斗を決める

先ほども少し説明しましたが、出産内祝いには熨斗のしを付けるのが基本です。

のし掛けにも2種類あって、品物にのし掛けして包装紙で包めば内のし、包装紙で包んだ品物にのし掛けしたら外のしになります↓

出産内祝いの内のしと外のし

出産内祝いの場合は、内のしが一般的ですが、マナーとしての決まり事ではありません。

ギフトショップで買うなら、内のしでお願いしておけば、あまり気にすることでもないかと思います。

もし、熨斗のしを自分で作成するのであれば、こちらの記事を参考に↓

その5/お礼のメッセージを考える

お返しを配送するなら、お礼状やメッセージカードを入れておくことがマナーです。

手渡しで内祝いを贈るなら、感謝の気持ちを直接伝えることができるので、メッセージカードやお礼状を添える必要はありません。

口頭で軽く、お礼の言葉や赤ちゃんの状況を伝えましょう。

メッセージカード例文
この度はお気遣いいただきありがとうございます。
おかげさまで、4月1日に生を受けて母子ともに健康に過ごしています。
娘には元気に明るく育ってほしいという願いを込めて、陽葵(ひまり)と名付けました。
今後とも、親子ともどもよろしくお願いいたします。
心ばかりのお礼の品ですが、ご笑納ください。

メッセージはこれくらいで充分、あなたの気持ちが伝わりますよ。

その6/ギフトショップを決める

近所にギフトショップがあれば便利ですけど、ここはあえてネットのギフトショップをおすすめします!

店舗に通わなくて済むし、ネットならでは、メッセージカードなどの自由度も広がります。

名入れの品物に無料の熨斗

住まいの近くにギフトショップがない、いますぐ急ぎで注文したい…

名入れの品物にのし・メッセージカード・包装紙を無料で付けられるショップがおすすめ↓

Ki-rei(https://kirei.uchi-iwai.net/

とくにおすすめなのが、無料で作成できる写真付きのメッセージカード↓

出産内祝いのメッセージカード

ネットだから作り方もとっても簡単!

そしてこのショップは、出産内祝いの専門店ってことも強みで、1,000円以下で買える品物から数万円のモノまで種類が豊富です。

\CHECK NOW/

 

その7/お返しの品物を決める

お返しの品物をその気で調べたら値段はバレてしまいますが、あからさまに金額が表示されているのものは避けるべきです。

たとえば、図書カードや全国共通商品券など。

「お祝いがこの金額だったから、半額の商品券をお返ししますよ」って言っているようなものです。

出産内祝いに商品券『のし掛け』しても失礼な理由

どれにするか悩んで決められないなら、カタログギフトがおすすめです。

カタログギフトなら、受けとった相手が自由に品物を選べるのでハズレは少ないですよ。

いまではカタログギフトの種類も豊富で、体験や旅行、グルメや雑貨など、いろんなジャンルから選べます。

出産内祝いでおすすめのカタログギフトはこちらの記事を参考に↓

Sow Experience