家族の死亡でやること


お葬式(通夜、葬儀・告別式)の準備や役所への各種手続き。速やかに実施するべきこと、すこし余裕ができてからで良いこと。きちんと優先順位をつけて行動したいものです。

\全記事タイトルを確認する/

家族の死亡ですぐにやること

あなたの大切な家族が亡くなられたら、まずはみんなで寄り添い、その悲しみに向き合ってください。

多くの遺族は悲しみと向きあえず、亡くなったという実感も無いままとなってしまいます。

家族が死亡したとき、これからどうすればいいのか?
喪主としてやることは何なのか?

思考もまとまらない中ですが、それでも冷静に行動するための方法をお伝えできればと思います。

喪主を誰にするか決める

故人との関係が深い親族が代表としてお葬式の喪主をつとめます。

一般的には、つぎの順番で喪主を決めます。

①故人の配偶者、②子供、③親、④兄弟姉妹、⑤親族、⑥友人、知人

親族がいないなら、友人や知人がお葬式の代表者となることもありますが、その場合は「友人代表」や「世話役代表」という肩書きになります。

喪主としての役割は次のようなものです。

  • 関係者への連絡
  • 葬儀社との打ち合わせ
  • 参列者への挨拶など

喪主だけで全ての作業ができるわけではないので、親族のサポートが大切です。

関係者に至急連絡を取る

ほかの家族や親族などに至急連絡をとります。

先祖のお墓でお世話になっている菩提寺ぼだいじがあるなら、早めに連絡しなくてはいけません。

菩提寺とは
古くは江戸時代からの制度で、先祖代々でお世話になっているお寺のことを菩提寺と言います。
お墓参りするお墓や、ご先祖の位牌を管理をしてくれています。
お葬式や法要では、菩提寺のお坊さんにお経をあげてもらいます。

お坊さんに葬儀や法事でお経をあげてもらいますが、菩提寺がないなら、葬儀社に紹介してもらいましょう。

もし葬儀社が決まっていないなら、お坊さん派遣サービスもあるので検討してください。

>>お坊さん派遣サービスとは

病院で死亡診断書を受けとる

自宅療養中に亡くなったら、かかりつけ医に来てもらうか救急車を呼びますが、突然死や事故などの場合は警察にも連絡します。

ここでは、病院で亡くなったときにやることを説明します。

まずは、病院で決められた手数料を支払い、医師から死亡診断書を発行してもらうことになります。

>>死亡診断書の発行料金や提出先、期限や再発行の方法

死亡診断書はA3用紙で、左半分は死亡届になっていて、空欄を埋めたら市区町村の役所に提出します。

>>死亡届の書き方、提出は葬儀屋に任せればいい理由

死亡届の提出にあわせて、火葬許可申請書も役所に提出します。

>>火葬許可証の提出と埋葬許可証について

世帯主が亡くなったのであれば、世帯主変更届も忘れずに。

>>世帯主変更届をするときの注意事項と書き方

必要になる手続きは、A4サイズのPDFで一覧表にマトメているので、チェックリストとして活用してください。

>>PDFでダウンロードする

葬儀社にご遺体の搬送のみ依頼する

病院で亡くなられたら、ご遺体は霊安室に安置されますが、退院の手続きを済ませたら自宅や葬儀社の安置場所へ搬送することになります。

このとき病院から葬儀社を紹介されますが、その葬儀社でお葬式をする必要はありません。

大切な家族のお葬式を任せる葬儀社を、病院の紹介だけで簡単に決めるものではありません。

紹介してもらった葬儀社には、ご遺体の搬送のみ依頼することをおすすめします。

はじめに「搬送のみお願いします」としっかり伝えておけば、お葬式の話をされても断りやすいかと思います。

もし不満そうな対応をされたら論外、その葬儀社へお願いするのはおすすめできません。

>>葬儀社へのクレーム、トラブルに巻き込まれない葬儀社の選び方

すでに依頼する葬儀社が決まっているなら、至急連絡して搬送をお願いしましょう。

葬儀社が決まっていなければ急ぎでお葬式を手配する

必要な人への連絡や退院の手続きがおわれば、つぎはお葬式の手配を急ぎます。

時間は限られますが、気持ちを落ち着かせて行動してください。

複数の葬儀社で見積もりを取る

時間のゆるす限り、できるだけ多くの葬儀社で見積りをとり、比較することが大切なポイント。

費用を安くおさえたり、葬儀社とのトラブル防止にも効果的だからです。

生前に葬儀社を決めておくことの大切さ

家庭の経済状況や宗教になどの条件に合った葬儀社を選びますが、できれば生前に決めておきたいものです。

>>お葬式の種類、宗教による違いや最近の傾向は?

時間的に余裕ができます。

故人や家族の希望を聞いて生前に葬儀社と打ち合わせすれば、心に残るあたたかいお葬式にできます。

亡くなっていないのに縁起でもない、といった意見があれば、その声も無視はできませんが…

そうであれば、せめて葬儀社にパンフレットを請求しておけば、お葬式のプランや費用の詳細などで慌てずにすみます。

>>葬儀費用の内訳は?相場より安くできる葬儀社3選

東京・神奈川・千葉・埼玉エリアで家族葬を考えているなら、口コミ評価の高い、おすすめできる葬儀社もあります。

>>鈴吉堂ちょうどいい家族葬「東京葬儀」の口コミと評判

葬儀社の担当者との打ち合わせ

葬儀社が決まれば、担当者とお葬式内容を打ち合わせします。

一般的に、通夜は亡くなられた日の翌日に行われるので、それまで時間の許すかぎり担当者と話すことが大切です。

打ち合わせ内容

  • 通夜や葬儀・告別式について
  • 喪主や世話人について
  • 日時や斎条について
  • お葬式のプランについて

お葬式の内容が決まれば、追加料金が発生しないことを確認し、詳細な見積りを出してもらいます。

式の概要が決まれば、職場や町内会など関係者に連絡することも忘れずに。

お葬式の準備や葬儀でやること

葬儀社が決まりお葬式の打ち合わせができたら、お葬式の準備に入ります。

最近は家族葬をえらぶ家庭が増えていますが、ここでは一般葬の葬儀でやることを説明します。

>>家族葬とは?最期のときを家族で過ごすメリットとデメリット

通夜の準備に取り掛かる

一般的に、通夜は亡くなられた日の翌日の夜に行われます。

親族など故人と関係の深かった方が、葬儀前に一夜を通して最後のお別れを惜しむための儀式です。

通夜の準備
死装束を整え納棺し、祭壇に安置して通夜にはいります。
棺には生花を入れて飾ります。
故人の愛用品や嗜好品、家族からのメッセージなど一緒に棺に入れることもできます。
燃えにくい物は入れてはいけないので、葬儀社の方に確認してください。

最近では友人や知人などの弔問も受ける形式や、短時間のみの通夜も増えています。

通夜について分からないことは、お願いするお坊さんや葬儀社に聞いて確認しておきましょう。

葬儀・告別式では気持ちをしっかりと

葬儀・告別式は通夜の翌日にするのが一般的ですが、翌日が友引なら、通夜の翌々日になることもあります。

葬儀は故人をおくる儀式、告別式は参列者と故人のお別れの式です。

宗派などによって葬儀・告別式の方法が違いますが、祭壇前に着席し、スタッフが司会進行します。

故人への最後の別れが終えれば、喪主が参列者にあいさつをして出棺です。

感情に流されず、式を無事に進めなければいけません。

つらいですが、故人を送るために、しっかりとご自分の役割を果たしてください。

火葬場へ移動する

お葬式会場から火葬場への移動は、寝台車についていく形で参列者が続きます。

火葬場では係員の指示にしたがいます。

本当に最後のお別れになるので、故人に生前の感謝の気持ちを伝えてください。

火葬には1時間ほどかかるので待機所などで待ち、その後は骨上げの儀式をおこないます。

親族2人で足のほうから1つの骨を拾っていき、順番に骨つぼに納めていく儀式です。

遺骨の拾い上げは、故人との関係が深い人から行うのが一般的で、骨を拾ったら次の人に箸を渡します。

係員に教えてもらいながら、最後に喉仏のどぼとけの骨を納めます。

初七日法要が終わればひと段落

収骨したら葬儀式場か自宅にもどり、祭壇に遺骨と位牌、遺影を安置します。

そして、お坊さんに読経してもらう還骨法要かんこつほうようをおこないます。

このときの祭壇は後飾あとがざり祭壇といい、四十九日法要が終わるまで遺骨などを安置することになります。

自宅での後飾り祭壇を用意できなければ、葬儀社の担当者に段取りしてもらいましょう。

続けて、繰り上げ初七日法要しょなのかほうようを行います。

本来は逝去日から7日目に行う法要ですが、最近では遠方の親族などの負担を減らすために、還骨法要のあとに行うのが一般的です。

繰り上げ初七日法要のあとは精進落としで故人をしのんで会食し、お坊さんや世話人などお世話になった方をねぎらいます。

忌明けまでにやることはいっぱいで、悲しく自分の気持ちの整理がつかないまま時間だけが過ぎていきます。

でも落ち着いて、亡くなられた家族をしっかりと見送ってください。

初七日法要が終わってからの手続きや、やることは全記事一覧から確認してください。

>>全記事一覧を見る<<