エンディングノートのプレゼント

探せばエンディングノートを無料配布でプレゼントしてくれるサイトって、意外とたくさんあります。

でも、プレゼント条件のハードルが高かったり、プレゼント対象が一部地域のみといったサイトもあります。

最後まで読めば、次のことがわかります。

  • 無料配布のエンディングノートって何?
  • プレゼントしてもらう方法
  • 私がエンディングノートをもらった話

このページでは、私が実際に試して、無料でエンディングノートをプレゼントしてもらった方法を紹介しています。

徹底的にいろんなサイトで試したので、正直なところ大変でしたが、その分、信頼できるサイトを見つけることができたかと思います。

ぜひ、無料でエンディングノートをプレゼントしてもらいましょう。

 

プレゼントしてもらえるエンディングノートとは

それでは早速、エンディングノートを無料でプレゼントしてもらう方法を紹介します。

はじめに結論から

今回紹介する、エンディングノートをプレゼントしてもらう方法は3つあります。

  • 互助会に会員登録し、エンディングノートをもらう。
  • 各地で開催されているセミナーに参加し、エンディングノートをもらう。
  • 葬儀社に資料請求し、無料でエンディングノートを郵送してもらう。

3つの方法の中で、葬儀社に資料請求する手順が簡単で確実です。

葬儀社でプレゼントしてもらえるエンディングノートは、必要な項目は充分、イラスト書きの説明もあるので使いやすいかと思います。

よりそうのお葬式のエンディングノートの内容

ただ、もらえるエンディングノートと一緒に、お葬式のパンフレットも同封されて届きます。

これがジャマくさいなぁ、と感じる人には向いてないかもしれません。

パンフレットなんか受けとりたくない!って人には向いてないので、市販のエンディングノートを探してみましょう。

おしゃれ&人気エンディングノートおすすめランキング!

でもデメリットに感じそうなポイントがこれだけなので、私としてはこの方法が一番おすすめです。

無料でもらえるので、お試しで気軽に始められるのもメリットかと。

エンディングノートの項目

エンディングノートには家族に伝えたいことや、もしもの延命治療の希望などの項目があります。

それ以外には、こんな項目も書けます。

  • 現金や株式などの資産や借金
  • 遺影の写真や希望する葬儀方法
  • 大病を患ったときの告知の希望
  • 死亡したら処分して欲しいもの
  • 緊急時に連絡してほしい人

これは一例で、伝えたいことを自由に書けるのがエンディングノートの魅力です。

エンディングノートをプレゼントしてもらう3つの方法

エンディングノートをプレゼントしてもらう3つの方法について説明します。

先ほどもお伝えしたとおり、葬儀社に資料請求する方法が簡単で現実的なのかなぁと思います。

ほかの2つの方法も軽く説明しておきます。

その①互助会に会員登録する

互助会でプレゼントしてもらう方法は、すでに互助会ドットコムの会員の人以外はおすすめできません!

なぜなら、会員登録したら毎月いくらか積立金を入金しないといけないから…

エンディングノートを無料でプレゼントしてもらうために、有料会員に登録するのは本末転倒ほんまつてんとうですね。

互助会って何?

その②セミナーに参加する

セミナーに参加してエンディングノートをもらう方法は、参加してみたいセミナーがある人におすすめです。

セミナーは有料のものが多いですが、探せば無料セミナーもみつかります。

でも、セミナーに登録して、会場に行かなければエンディングノートを貰えないことがデメリット。

その③葬儀社に資料請求する

葬儀社に資料請求してエンディングノートをもらう方法は完全無料で、3日以内に自宅へ送ってくれます。

私は手当たり次第に、3つの葬儀社に資料請求して合計3冊プレゼントしてもらいました。

無料配布のエンディングノート

左から順番に、「よりそうのお葬式」「小さなお葬式」「全葬連」のエンディングノートです。

エンディングノートをもらってから半年以上経ちますが、葬儀社からの迷惑電話・迷惑メールはないので安心です。

なぜ資料請求で、エンディングノートをプレゼントしてもらえるのかというと、葬儀社の宣伝広告のため。

パンフレットを受けとってくれるなら、エンディングノートをプレゼントするよって理由です。

だから、エンディングノートと一緒にパンフレットも同封されて届きます。

よりそうのお葬式のパンフレット

小さなお葬式のパンフレット

小さなお葬式パンフレット

エンディングノートをプレゼントしてもらう手順

葬儀社にエンディングノートをプレゼントしてもらう方法はとっても簡単!

公式サイトで送り先情報を入力するだけ

葬儀社の公式サイトで、資料請求フォームから送り先の情報を送信するだけで、エンディングノートを送ってくれます。

エンディングノート希望は「郵送で受け取る」にチェック!

あと、お葬式の予定地域の項目もあるので、「ご住所と同じ」を選択しておきましょう。

よりそうの資料請求フォーム

パンフレットの中に、住まい近くの式場の案内も入っていますが、そのための選択項目です。

目を着けている式場があるなら、その住所を入力しておくのもいいかと思います。

最後に、資料請求は電話でもできますが、エンディングノートのプレゼント対象外になるので注意。

必ず入力フォームから請求しましょう。

どのエンディングノートにするか選ぶ

私がプレゼントしてもらった3冊のなかでは、一番左のよりそうのお葬式のエンディングノートがおすすめ!

無料配布のエンディングノート

はじめに写真で紹介したエンディングノートです。

ぎっしり30ページあって、完成度がものすごく高かったです。

ページ構成:全30ページ

  • 自分のこと
  • 家族、親族、友人のこと
  • 資産のこと
  • 介護、医療のこと
  • 葬儀、お墓のこと
  • 遺言、相続のこと
  • その他

私の考える、エンディングノートとして書いておきたい項目はすべて入っていました。

よりそうのお葬式
https://www.お葬式なら格安葬儀.net/

公式サイトで資料請求してみましょう↓

小さなお葬式のエンディングノートの中身も写真ですこし紹介。

小さなお葬式のエンディングノートは全部で18ページ。

もし、小さなお葬式でもエンディングノートをプレゼントしてもらいたいならこちら↓

小さなお葬式
https://www.osohshiki.jp/

小さなお葬式も、公式サイトの資料請求入力フォームに送り先を入力するだけなので簡単です。

私がプレゼントしてもらったときの状況

一度の資料請求でもらえるエンディングノートは1冊だけです。

夫婦や親子でエンディングノートが欲しいなら、欲しい人の名前でそれぞれ送信すればもらえます。

私の場合、資料請求した翌日にエンディングノートが届きました。

自宅が川崎市なので、送り元が近いということもあるかもしれませんが、とっても早かったです。

届いた郵便物には、お葬式などのパンフレットが入っていたので、A4サイズで1cmほどの厚みでした。

パンフレットは「お葬式のながれ」「家族葬などお葬式の種類」「お葬式の費用」など。

ぜひ公式サイトをチェックしてみてください↓

・よりそうのお葬式の公式サイト
https://www.お葬式なら格安葬儀.net/

・小さなお葬式の公式サイト
https://www.osohshiki.jp/