おすすめの無料エンディングノート

あなたの考えや情報を家族にきちんと伝えることはできますか?

・あなたがもし認知症を患ったとき
・突然事故などで死亡したとき

エンディングノート(終活ノート)があれば心配無用、あなたの意志を家族は理解してくれます。

そこでこのページでは、エクセルやPDFで無料ダウンロードできる、かわいいエンディングノートを厳選しています。

家族に思いの伝わるエンディングノートを選びましょう!

違う記事では、私がエンディングノートを無料で送ってもらった体験談を紹介しています。
 ↓ ↓ ↓
エンディングノートを無料プレゼント!

ダウンロードするより簡単なので、ぜひチェックしてみてください。

 

かわいいエンディングノートをPDF・エクセル・ワードで無料ダウンロード

エンディングノートをPDFやエクセル・ワードで、無料ダウンロードできるおすすめのサイトを紹介します。

もし気に入るエンディングノートが見つからなくても、代案を用意しているので、一通り最後まで目を通してみてください。

大切な私の家族へ(PDFとエクセル)

手前味噌ながら、このサイトでも無料ダウンロードできるエンディングノートを作成しています。

エンディングノート表紙

このエンディングノートは、18ページで構成されています。

もし書き足りないようであれば、そのページを印刷しページ数を増やせます。

ページ構成
プロフィール
私の歩んだ道
私の内心
大切な家族へ
・身体の自由がきかなくなったとき
・延命治療、脳死、病名告知について
・お葬式やお墓などについて
・遺言書について
財産の管理
家系の構成
メモ

下のボタンリンクから無料ダウンロードし、プリンターで印刷できます。

もし手書きで何回も書き直すのが手間なら、右側のエクセル(Excel)をダウンロードすれば自由に編集できます。

PDFは別画面で開くので、右クリックで名前を付けて保存を選択してください。

エクセルはボタンを押したら「開く-保存-キャンセル」と出てくるので、保存を選択します。

自分史にこだわる(PDFとワード)

自分史にこだわったエンディングノートを作成したいなら、百人百想がおすすめです。

このサイトでは、PDFとワード(Word)のデータでエンディングノートをダウンロードできます。

55ページ中31ページが、自分史に割り当てられています。

2部で構成されており、第1部はエピソードにくわえ、写真やCDデータを貼り付けるスペースが充実しています。

第2部は家族に伝えたい情報を、いろいろと書いておきましょう。

(出典:百人百想)

第1部
私の自分史 これまで歩んだ道・これから
誕生、幼少時代、小学校時代、高校時代、学生時代、仕事、父、母、祖父母、兄弟姉妹、結婚(夫・妻)、子、孫、友人、仲間、ご縁、ペット、私の好きなもの、人生の銘、旅の記録、資格、免許、表彰、賞、社会活動、家系図、自分史年表、写真集、CDデータ等、これからの私、まとめ、メッセージ

第2部
私の記録 家族へ伝えること
医療、介護、終の家、生活、葬儀、お墓、埋葬、仏壇、法要、遺言書、財産、連絡先、遺影、家族へのメッセージ

自分史として過去の思い出をふり返り、アルバムとしても残せるので、完成したらとても良い出来栄えになります。

公式サイトを見る百人百想

東京都府中市が発行(PDF)

公の機関が提供しているので、もしエンディングノートをダウンロードするのに抵抗がある方でも安心できると思います。

東京都府中市のサイトでは、PDFファイルでエンディングノートをダウンロードできます。

42ページありますが、実際に情報を記入していくのは30ページです。

メモのページが多いので、いろいろ写真などを貼り付けましょう。

(出典:東京都府中市)

  1. 私のプロフィール
  2. 思い出を振り返ろう
  3. 私の過ぎ去りし日々
  4. 家族や親戚・友人や大切な人たち
  5. 私から大切な人へ
  6. 介護看病についての私の希望
  7. 延命治療・緩和治療・臓器提供・病名告知等についての私の考え方
  8. 葬儀などについて私の希望
  9. 私の遺言について、ペットについて
  10. 大切な人へのメッセージ
  11. 財産に関すること
  12. 地域の身近な相談窓口について

府中市役所西庁舎では、1冊350円で透明ファイルつきの製本版も販売されています。

公式サイトを見る未来ノート

エンディングノートを無料配布してもらう方法

もしエクセルやPDFのエンディングノートでお気に入りの1冊が見つからなければ、無料配布してもらうのはいかがでしょうか。

エンディングノートの無料配布って何?

先ほどのエクセルやPDFで無料ダウンロードする方法は、下のイメージのようなものでしたね。

エンディングノートをダウンロードするPDFやエクセルのデータをダウンロードし印刷、クリップなどで束ねて完成。

ここで紹介するのは次のイメージ!

送り先の住所などを送信し、エンディングノートの到着を待つだけ。

簡単にいえば、キレイなエンディングノートを無料でプレゼントしてもらう方法です。

無料配布してもらう方法

無料でプレゼントしてもらう方法は、面倒なこともなく手軽!

ぎっしり30ページあって、完成度がすごく高いエンディングノートです。

ページ構成:全30ページ
  • 自分のこと
  • 家族、親族、友人のこと
  • 資産のこと
  • 介護、医療のこと
  • 葬儀、お墓のこと
  • 遺言、相続のこと
  • その他

エンディングノートに必要な項目も充分で、イラストの説明があるので使いやすいかと思います。

よりそうのお葬式のエンディングノートの内容

このエンディングノートのほかにも、もう1冊、別のエンディングノートも選べます。

興味があれば、私が実際にエンディングノートをプレゼントしてもらった体験レポをご覧ください。

私がエンディングノートをプレゼントしてもらった簡単な手順

市販のエンディングノートもおすすめ

無料ダウンロードでも無料配布でも、まだお気に入りのエンディングノートを見つけれていないなら…

もはや無料ではないですが、豊富な種類から選べる市販のエンディングノートがあります。

ここでは、Amazonや楽天市場でランキング1位のエンディングノートのみを紹介します。

コクヨのもしもの時に役立つノート

コクヨのエンディングノートは、家族に伝えたい情報を32ページで収録しています。

出典:楽天

上質な紙を使用し、ビニールのカバーが付いているので、長期保管が必要なエンディングノートに最適!

中の紙には、コクヨ帳簿紙を使っています。

改良を重ねてきた80年の歴史をもつコクヨのオリジナル紙で、厚みもしっかりしていて、これまた長期保管が必要なエンディングノートには最適です。

データ用CDをいれるケースも付属されていて、CD以外にも写真を入れておくことも↓

これだけ高品質で、この値段で購入できるのは助かります。

おしゃれでかわいい市販のエンディングノート

ランキング1位はコクヨの「もしもの時に役立つノート」でした。

このほかにも、ランキング形式でおすすめの市販エンディングノートを紹介した記事もあります。

おしゃれでかわいいのに高機能、そんなエンディングノートはこちらを参考に↓

 

かわいいエンディングノートを簡単に無料で入手する方法まとめ

このページでは、かわいいエンディングノートを簡単に無料でゲットする方法を紹介しました。

エンディングノートを書き始めるなら、状況が変われば修正も必要なので、鉛筆や消えるボールペンなどで記入しましょう↓

エンディングノートを入手したらすること

いつも一緒にいる家族でも、あなたについて意外と知らないことが多いものです。

趣味や仲のいい友達、好きな飲み物や嫌いな食べもの、そのくらいなら知っているかもしれませんが…

あなたしか知らないことも多いはず。

もしもの事があったとき、家族はかならず動揺します。

ショッピングサイトのログイン番号、入っている生命保険、預金はたまた借金など、、

エンディングノートを入手したら、家族に伝えたい情報を思いつく限り書きこみましょう。

何を書けばいいのか分からなくても大丈夫

だいたいのエンディングノートには、次の項目が書かれています↓

memo

書きたい内容

  • 生年月日、血液型、住所、本籍、所有の身分証の情報。
  • 相続対象の親族などの家系図。連絡を取るにも便利です。
  • 遺影に使用する写真、思い出の写真。エピソードも添えます。
  • 何かあったときに連絡してほしい知人、親族などの連絡先。
  • 遺言書の有無、保管場所。注意事項も書いておきます。
  • 生命保険、預金、借金、身の回り品について。
  • 処分に困るものは、どうして欲しいか。
  • 介護方法の希望、緩和ケア、臓器移植など終末についての考え。
  • お葬式の形式、葬儀社、喪主、お寺などの指定。
  • 希望するお墓の形式、場所など。

エンディングノートの項目は多くて困ることはなく、むしろ、項目が少なければ何を書けばいいのか悩んでしまいますね。

書いておく内容は、あなたの状況や年齢によっても違うので、自分のわかる範囲で書いておけば大丈夫!

とにかくヤル気を出して、1歩を踏み出すことが大切です。

一気に書き上げようと気負わずゆっくりと、あなただけのエンディングノートを仕上げてください。

無料ダウンロードをもう一度読む

エンディングノートのプレゼント方法

人気のおすすめエンディングノート

そのほか、エンディングノートに関する記事はこちら↓

あわせてチェックしてみてください。